MSDNサブスクリプションの特典でAzureを利用していると、Windows 7とWindows 8.1をAzure仮想マシンで使用できるようになった!

MSDNサブスクリプションにWindows 7とWindows 8.1 EnterpriseクライアントがMicrosoft Azureにデプロイされました。

Microsoft Azure 管理ポータルにMSDNサブスクリプションでログインすると、仮想マシンのイメージ選択で、Windows 7とWindows 8.1が表示されます。

image

 

ちなみに通常のアカウントだと、表示されません。

image

 

Windows 8.1 Enterpriseクライアントが、Microsoft Azure上で、10分かからずにデプロイすることができます。

イメージの作成がオンデマンドでできる「取り込み」ボタンが用意されていて、仮想マシンを無停止でイメージ化できます。

image

image

リモートデスクトップで接続して、スタートスクリーンをみると、標準的なWindows 8.1レイアウトで、右上のユーザーアイコンの隣に、電源ボタンが配置されています。

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin