Windows Azure PowerShell を使ってみる

コマンドラインツールは、Rest APIとPowerShellを使用してプラットフォーム上のほとんどの操作を実施することができます。

ダウンロードページ:http://www.windowsazure.com/en-us/downloads/?fb=ja-jp

使用手順

手順1 インストール

  1. ダウンロードページ下部にあるリンクからWindows Azure PowerShellをダウンロードします。
  2. Windows Azure PowerShellで、「Add」をクリックしインストールします。
  3. Windows Azure用のPowerShellモジュールがインストールされます。

Windows Azure PowerShellの代わりに、Windows PowerShellを使用することもできます。

手順2 設定

1. Windows PowerShellを開き、提供されているWindows Azure PowerShellモジュールを確認します。

PS C:\> Get-Module –ListAvailable
Directory: C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows Azure\PowerShell

ModuleType Name ExportedCommands
---------- ---- ----------------
Binary Azure {Get-AzurePublishSettingsFile, Get-AzureSubscription, Import-AzurePub...

 

2. PowerShellでAzureモジュールをインポートします。

PS C:\> Import-Module Azure

 

3. PowerShellで操作をするためにAzurePublishSettingFileをインポートする必要があります。

PS C:\> Get-AzurePublishSettingsFile

このコマンドを実行すると、ブラウザが起動しLiveアカウントの認証画面が表示されます。認証が成功すると、.publishSettings拡張子のファイルがダウンロードされます。

ダウンロードしたファイルをインポートします。

PS C:\> Import-AzurePublishSettingsFile "C:\Users\user1\Desktop\2-17-2013-credentials.publishsettings"

4. PowerShellでWindows Azureを使用できるか検証します。

PS C:\> Get-AzureSubscription

このコマンドを実行すると、次のような情報が表示されます。

情報源

Windows Azure Technical Support (WATS) Team Blogで公開されている「Windows Azure PowerShell – Getting Started」をざっくり意訳した投稿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin