Windows Azure Web SitesでphpMyAdmin

phpMyAdminは、WebベースのMySQLデータベースの管理ツールです。
テーブル作成、データの編集、データのエクスポート・インポートなど多くのタスクに使用します。
Windows AzureでMySQLのDB管理をするのに必要なツールだと思います。
Windows Azure Web SitesでphpMyAdminをインストールして設定する方法について説明します。

1. 空のサイトを作成する

最初に、Windows Azureで新しいサイトを作成します。
1サブスクリプションにつき10個まで無料でサイトを作成できるので、phpMyAdminは無料で動作させることができます。
Windows Azureポータル上の[Quick Create]オプションで新しい空のサイトを作成します。

2. MySQLデータベースの接続文字列の取得

すでに用意しているMySQLデータベースを使用するか、MySQLデータベースを作成して、サイト用のデータベースへのリソースページへのリンクを使用します。

サイトのダッシュボードページで、[View conneciton strings]を使用して、データベースの接続文字列を取得します。

phpMyAdmin経由でデータベースにログオンするために接続文字列を使用します。
接続文字列は次のようになります。

Database=some-db-name;Data Source=some-hostname;User Id=some-username;Password=some-password 

3. phpMyAdminのダウンロードと設定

オフィシャルサイトから最新のphpMyAdminを取得します。
ダウンロードしたら、解凍します。
example、js、libraries、setup、themesディレクトリと同じところにconfig.inc.phpファイルが作成されます。
そのファイルに以下の内容を貼り付けます。

<?php 
$cfg['blowfish_secret'] = 'ba17c1ec07d65003';  // use here a value of your choice 
$i = 0; 
/* First server */ 
$i++; 
/* Authentication type */ 
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie'; 
/* Server parameters */ 
$cfg['Servers'][$i]['host'] = 'some-hostname';  // Replace with value from connection string 
$cfg['Servers'][$i]['connect_type'] = 'tcp'; 
$cfg['Servers'][$i]['compress'] = false; 
$cfg['Servers'][$i]['extension'] = 'mysqli'; 
$cfg['Servers'][$i]['AllowNoPassword'] = false; 
?> 

5. Windows AzureにphpMyAdminファイルをアップロードする

複数のアップロード方法が提供されていますが、ここではFTPを使用します。
FTPホスト名とユーザー名を管理ポータルのサイトのダッシュボードから取得し、接続します。
/site/wwwroot/ディレクトリにアップロードします。

6. MySQLデータベースにログオンする

新規に作成されたサイトにブラウザでアクセスします。
接続文字列から、ユーザIDとパスワードを確認してログオンします。

元ネタ

phpMyAdmin on Windows Azure Web Sitesをざっくり意訳した投稿です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin