Windows Azure Webサイトのロギング機能の制限仕様について

  • 失敗リクエストトレース(Failed Request Tracing)ファイル(FREB)の最大数は50です。
    上限に達するとリサイクルして、上書きしていきます。
  • 失敗リクエストトレースを有効にすると、1時間ロギングします。
    1時間後、自動的に停止します。
  • 詳細エラーログ(detailed error log)ファイルの最大数も50です。
    上限に達するとリサイクルして、上書きしていきます。
  • 詳細エラーログを有効にすると、10時間ロギングします。
    10時間後、自動的に停止します。
  • ログファイルの最大容量は35MBで、最大容量に達したらhttpログはファイルを削除するまで無効化されます。
  • ログファイルを削除後、次の30分区切りでロギングを再開します。
    最大で30分再開に時間がかかります。
  • 複数ワーカー上でサイトが実行されている場合、複数のhttpログファイルが出力されます。

情報源

MSDNフォーラムで、マイクロソフトのApurvaさんが投稿した「Logging Features limits FAQ」を意訳した投稿です。

関連情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin