VMs on AzureのCドライブ30GBじゃ少ない?増やせば良いんだよ。

既定で用意された仮想マシンのイメージでは、Cドライブが30GB になっています。
幾つかのソフトウェアはCドライブにしかインストールできないことがあります。その為、ソフトウェアをインストールしていくとディスクスペースが不足します。
Azure VMのOSディスクサイズを増やすことで対応することができます。

  • VMを削除します
  • .VHDをダウンロードします
  • ダウンロードした.vhdのサイズを変更します
  • blobストレージからオリジナルの.vhdを削除します
  • サイズを変更した.vhdをアップロードします
  • VMを再作成します
  • Cドライブの未使用領域にアクセスするためにdiskpartを使用します

VMの削除

image

.vhdをダウンロードする

Cloud Storage StudioAzure Storage Explorer を使用して(それ以外でも良いけどね)、.vhdファイルをダウンロードします。

ダウンロードした.VHDのサイズを変更します

.vhdファイルのサイズを変更するために、Hyper-Vマネージャを使用します。

image

VHDの拡張のために、VHD Resizer と呼ばれるツールを使用します。使用方法は、ここを参照してください。

blobストレージからオリジナルの.vhdを削除します

image

サイズ変更した.vhdをアップロードします

サイズ変更した.vhdをblobストレージにアップロードします。
Creating and Uploading a Virtual Hard Disk that Contains the Windows Server Operating Systemの手順5を参照してアップロードします。
csupload.exe コマンドラインのスイッチを次のように変更します。

csupload Add-Disk –Destination “<full blob url you want for your vhd>” –Label “<whatever you want>” –LiteralPath “<path to resized .vhd>” –OS Windows

VMの再作成

管理ポータル経由で新しいVMを作成します。
csuploadでアップロードした.vhdファイルを指定します。

Cドライブの未使用領域にアクセスするためにdiskpartを使用します

Windows Explorer上では、Cドライブでは古いサイズのまま表示されています。
コマンドプロンプトを開いて、次のコマンドを実行します。

diskpart
list disk
select disk=0
list partition
select partition=1
extend

元ネタ

http://blogs.msdn.com/b/devkeydet/archive/2012/07/05/resizing-an-azure-vm-vhd-file.aspx

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin