SQL Server Data Tools 2015年12月版リリース

ででSQL Server Data Tools Preview update for December 2015がリリースされました。

ダウンロード

接続ダイアログのバグ修正

  • 最近の接続先一覧のバグ修正
  • 接続ダイアログのサイズ修正
  • 長いデータベース名やサーバー名の接続ダイアログサイズの規定サイズの適切化
  • テスト接続のタイムアウト値を15秒に変更
  • データベース一覧の読み込み時に接続プロパティで認証情報を使用するようにしました
  • データベース一覧のロード時に登録されていないクライアントIPがあればAzure SQL サーバーのFirewallルール作成を可能にしました

SQL Server 2016 CTP3.2のプログラム機能のサポート

  • データベースオブジェクトでシステム一時バージョンテーブルに対応しました

SQL Server Analysis Servicesの強化

  • 計算テーブルの作成
  • 双方向間フィルター用の既定の設定
  • そのほかについては、SSASチームブログを参照

SQL Server Integration Servicesの強化

  • SSIS Hadoop接続サポート Avroファイルフォーマット、ケルベロス認証
  • SSIS 2012と2014用のSSISデザイナー対応は、まだ今回のアップデートには含まれていません
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin