SQL Data WarehouseのDWU設定をする方法

Azure SQL Data Warehouseサービスは、数秒以内でコンピュートリソース量を動的に設定することができます。アサインするDWU(Data Warehouse Units=コンピュートパワー)量の設定は、Azure Portalを開いて、データベースブレードを表示することで表示できます。

SQL チームは、DWU設定情報にプログラム的にアクセスすることができる新しいDMV(sys.database_service_objectives)を紹介します。論理サーバーのmasterデータベースに接続し、次のクエリを発行します。

SELECT
db.name [Database],
ds.edition [Edition],
ds.service_objective [Service Objective]
FROM
sys.database_service_objectives ds
JOIN sys.databases db ON ds.database_id = db.database_id

このクエリは、論理サーバー上のすべてのデータベースとサービスオブジェクト(DWU設定を含む)を返します。

この例では、3つのData Warehouseと1つのAzure SQL Databaseがあります。

SELECT
db.name [Database],
ds.edition [Edition],
ds.service_objective [Service Objective]
FROM
sys.database_service_objectives ds
JOIN sys.databases db ON ds.database_id = db.database_id
WHERE
ds.edition = 'DataWarehouse'
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin