Linux(Ubuntu) で SQL Server の SQLCMD と BCP コマンド を使用する

SQL Server をコマンドラインで操作するためのコマンドsqlcmdとデータのバルクインサートをするためのコマンドラインツールbcpをLinuxで使用するための手順について説明します。

前提条件

  • コマンド操作元として、Ubuntu 14.04
  • 接続先として、SQL ServerかAzure SQL Database

インストール手順

インストールスクリプトをダウンロードします。

wget https://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/SQLCMD-and-BCP-for-Ubuntu-c88a28cc/file/142121/1/Ubuntu%2014.04%20MSFT%20ODBC%20Driver.sh

SQLCMDとBCP、Linux ODBCドライバーをインストールします。

sudo bash Ubuntu\ 14.04\ MSFT\ ODBC\ Driver.sh 

ライセンス確認があるので、「YES」とタイプしておしまい。

image

利用手順

普通に使います。

image

sqlcmd -S xxxxxx.database.windows.net -U xxx -P xxxxxxxxx

bcp も同じですね。

imageimage

参考リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin