SQL Data Syncのサービスアップデートの提供について

MSDNブログで、「New service update available for SQL Data Sync!」という記事が投稿されました。

最後に、SQL Data Syncのアップデートを発表してから3年以上経過した増したが、その間も顧客の問題に対応するため、バックエンドサービスを継続的にアップデートをデプロイし続けていました。
フィードバックを受け、最近のサービスの変更と新しいSQL Data Syncエージェントのリリースについて発表できてうれしいです。2つの大きな機能強化を含んでいます。

1.テーブル照合順序の動機をサポート

  • ハブまたはメンバーデータベースに、まだ同期するテーブルスキーマが存在しない場合、同期グループ上にデプロイすると、SQL Data Syncは自動的に選択した同期スキーマと同じ照合順序の設定で空のデータベースにテーブルと列を作成します。
  • ハブにもメンバーデータベースにもすでに同期するテーブルが作成されている場合、同期グループのデプロイが成功するためには、SQL Data Syncはハブ/メンバーデータベース間で同じ照合順序をプライマリキーに持つ必要があります。

2.性能と正常実行力の改善

  • 同期元と同期先への変更転送バッチが強化され、同期スループットが速くなっていることを確認できます。
  • 転送元からのデータ読み取りや、転送先への書き込み時、エラーハンドリングロジックを改善しました。

新しいSQL Data Syncエージェント

新しいバージョンのSQL Data Syncエージェントは、ダウンロードセンターで入手できます。

それぞれ次のドキュメントを確認し対応してください。

新規インストール:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/jj823137.aspx

アップグレード:https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/hh667308.aspx

古いバージョンのSQL Data Syncエージェントは、期限が切れる2015/8/18までは使用し続けられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin