SQL Data Syncのクライアントエージェントのアップグレード通知

SQL Data Sync (SQL Azure Data Sync) の新しいサービスアップデート(Service Update 5 / SU5)が、6月6日(PST)から6月7日の間で実施されます。
新しいクライアントエージェント(バージョン4.0.46.0)のダウンロード提供もされます。

今まで提供されてきたすべてのクライアントエージェントは、アップグレードする必要があります。クライアントエージェントのアップグレード方法について説明します。

補足

クライアントエージェントのデフォルトパスが、次のパスに変更になります。

32ビット
C:\Program Files\Microsoft SQL Data Sync

64ビット
C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Data Sync

アップグレード方法

ここ」で説明している手順に従って、現在インストールされているエージェントのバージョンを確認してください。

  1. もしクライアントエージェントを起動していない場合は、クライアントエージェントをインストールしている場所に移動します。

    32ビット
    C:\Program Files\Microsoft SQL Azure Data Sync

    64ビット
    C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Azure Data Sync

  2. インストールディレクトリのbin配下にある「SqlAzureDataSyncAgent」を起動します。
  3. クライアントエージェントウィンドウ上で、Upgrade Agent をクリックします。

    アップグレードウィザードで、エージェントのアップグレードが進行します。アップグレードが完了すると、インストールパスが変わります。

  4. アップグレード処理が完了すると、クライアントエージェントウィンドウが閉じます。

    補足:旧エージェントのインストールパスは削除してはいけません

  5. Windows Explorerで、ステップ1で示したインストールパスを開きます。
  6. dataディレクトリに移動し、「AgentConfigData.xml」ファイルなどを確認します。

    32ビット
    C:\Program Files\Microsoft SQL Azure Data Sync\data

    64ビット
    C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Azure Data Sync\data

  7. AgentConfigData.xmlファイルをコピーします。
  8. アップグレードしたエージェントの新しいディレクトリに移動します。
  9. 手順7でコピーしたAgentCOnfigData.xmlファイルをdataディレクトリに張り付けます。

    32ビット
    C:\Program Files\Microsoft SQL Data Sync\data

    64ビット
    C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Data Sync\data

  10. システム上で、Microsoft SQL Data Sync Windows Serviceを再起動します。
  11. Microsoft SQL Data Sync Agent Previewを実行します。
    1. 補足

      さりげなく記述されていますが、

      「SQL Azure Data Sync」は、「SQL Data Sync」と記載されていますね。

      さて、これがどういう意味かは、今週末のお楽しみってことで。

      参照元情報

      Client Agent Upgrade Notification

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. [...] 後は、SQL Azure Data Syncのアップグレードが 予告されてることぐらい(SQL Data Syncのクライアントエージェントのアップグレード通知)。閲覧数TOP5マイクロソフト組織改革:赤服のScott [...]

    Page optimized by WP Minify WordPress Plugin