Power BI概要@Azure Deep Dive

MS川岡さんによる「Power BI概要」セッションを受講したので、受講メモをつらつらと書いておく。

Power BIは誰でも使えるツールで、現場の人が使えるツールです。仮説検証という意味では現場の人が使ったほうが適切なフィードバックができます。なので、エバンジェリストじゃない担当者が登壇してます。

BIをするときに重要なことは2つです。

  • 繰り返しの仮説検証のサイクルを回すこと
  • 現場の人間が実施すること

Excelなどに組み込まれていた分析機能や、Excelアドインで提供されていたPower BIなどの機能を切り出したPower BIデスクトップ(Power BI Desktop)は、単独で使用することができるツールです。

Office 2016を購入しなくても、Power BI DesktopとPower BIサービスを使用して、分析をすることができます。

image

クラウドと連携することでローカルリソースは操作程度のリソースでOKで、実際の分析はクラウドリソースに任せることができます。

image

Power BI Serviceのダッシュボードを作成し、レポートを用意することができます。

image

様々なグラフィカルグラフが用意されており適切な表現ができるようになっています。

image

自然言語検索に対応しており、検索ボックスに「今日、橋を東から西に向かった車が難題あるか?」みたいに入力すると、結果が表示されます。

image

実際にレポートをPower BIで作成してみましょう。データを配置します。

image

表形式で画面上表示されます。選択した状態でツールバーでMapを選択してみましょう。

image

簡単に地図にマッピングされましたね。

image

さらに地域を日本にしてみましょうか。

image

簡単ですね。これをワンクリックでPower BI Serviceにデプロイして、ほかの人にすぐに共有することができます。

オンプレミスのデータをクラウドにあげて、フロントは無料のツールを使用して表現をつくります。

image

Power BIは、10GBまでは無償で使用できます!Let's Power BI!

セッションスライド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin