Azure VM上のSQL Serverのディスクとデータファイル数のベスト値 by Azure CAT

Windows Azure Virtual Machine上のSQL ServerのTempDBのデータファイル数とディスク数はいくつにするのがベストなのかをWindows Azure CATチームがBlogに「Scaling-out SQL Server disks and data files on Windows Azure Virtual Machines…a real-world example」投稿してくれています。詳細や検証データは、元記事を参照してください。

前提条件

使用する仮想マシンは、エクストララージ(XL / 8コア)でWindows Server 2008 R2とSQL Server 2012の組み合わせの仮想マシンです。ストレージアカウントは、デフォルト設定でジオレプリケーションを有効にしたままにしています。

制限事項

Windows Azure Storage Scalability and Performance Targets]によると、Windows Azure ストレージBlobは、書き込み性能として、[最大60MB/秒、最大500トランザクション/秒]と定義されています。

結論

データファイル数は8個に分割し、4つのディスクに2つずつ配置するのがベストなDisk I/O性能となります。

この設定でDisk以外のところに性能ボトルネックが発生するので、Disk数を増やしても効果が無いことがわかりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin