アップデート:Microsoft ODBC for Hive ver. 0.9.2.0

Microsoft ODBC for Hiveのアップデートがリリースされました。
新しいバージョンは、0.9.2.0です。
プレビュー版なので、プロダクションとしては使用しないほうが良いとのこと。

入手方法

ダウンロードセンター:Microsoft ODBC for Hive
旧バージョンをインストール済みの場合、アンインストールしてからインストールする必要があります。

What's New

Hive Server 2に対応しており、並列接続と並列クエリに対応しており、前のバージョンで存在した並列上限はなくなりました。

Windows Azure HDInsight ServiceとHDInsight Developer Previewは最近の更新でHive Server2になりました。Azureサービスのほうは、2013年5月3日以降に作成されたクラスターでなければなりません。ローカルバージョンの場合は、ちょうど今日リリースしたバージョン0.6.0.0以降が必要です。

接続はバックエンドの変更なので、基本的に古いドライバーと同じです。
Azureサービスの場合は、接続パラメーターは古いドライバーと同じです。
ローカルデベロッパーエディションは、ポート10000の変わりに10001を使用します。

元情報

MSDNフォーラム:Microsoft ODBC Driver for Hive updated to version 0.9.2.0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin